「大学入学共通テスト」問題分析とアクティブ・ラーニング

◆「大学入学共通テスト」問題分析とアクティブ・ラーニング

先日、「大学入学共通テスト」のプレテストが実施されました。

2021年から実施される新しい大学入試の方向性が見え、先生方におかれましても、様々な分析をされたこととは存じます。

今回の当学会勉強会は、教育ジャーナリストの後藤健夫さんを囲んで、「大学入学共通テスト」の問題分析と、その傾向を踏まえて、授業はどのように変わる必要があるのか、についての議論を深めていきます。

学びがどのようにアクティブになるべきなのか、今回のプレテストは一定の示唆を与えてくれています。

前半は講師からの問題提起、後半は参加者の皆さんにも問題を分析・考察していただき、それを元に議論を進めます。

第一部:講演(講師:後藤健夫)
第二部:参加者による問題の分析と討論
まとめ

対象:中学、高校の教員
日時:2018年1月28日(日)10:00~13:00
会場:武蔵野大学附属千代田高等学院
   アカデミック・リソース・センター(千代田区)
参加費:3000円(会員:1500円)
定員:20名

お申し込み:
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/500752/