チャレンジ教育部会第3回研究会のご案内

日本アクティブ・ラーニング学会
チャレンジ教育部会第3回研究会のご案内
学生と創るアクティブ・ラーニング

 

【日時】

2018年8月25日(土)13時から17時30分(受付12時30分~)

【会場】

桜美林大学四谷キャンパス(千駄ヶ谷)3階SY304

【プログラム】

12:30
受付開始
13:00
研究会開会挨拶 高橋真義(部会座長桜美林大学名誉教授)
13:10
解題 テーマ 教員は学生から何を学ぶか~メダカの学校としての授業空間~
橋本勝(富山大学教育・学生支援機構教授)
13:30
実践発表1 テーマ 大学図書館とアクティブ・ラーニング
郷原正好(広島大学図書館)
13:50
実践発表2 テーマ 産学協同型PBL科目におけるルーブリック評価を活用した教育効果の検証
~学生の振り返りに着目して~
今西正和(電気通信大学特任講師)
14:10
実践報告3 テーマ Google Classroomの活用によるプレゼンテーションの学習者間評価
細江哲志(横浜商科大学・商学部准教授)
14:30
休憩
14:50
実践報告4 テーマ 教師の矜持が、生徒・学生を変える校歌、大喜利、そして愛
鷲北貴史(東京経済大学・湘南工科大学講師/社会学講釈師)
15:10
実践報告5 テーマ ネパールジャパンプロジェクトにおけるアクティブラーニング
堀田侑希(上智大学)
板橋珠月 香川理沙(聖心女子大学)
斎藤芙佑 岩田祥英(早稲田大学)
柳生修二(総合研究大学院大学図書館副館長)
15:30
グループワークアクティブ・ラーニングの深化と整理
ファシリテーター米田敬子(文教大学生活科学研究所)
16:30
グループ報告・参加者感想
17:10
総括 高橋真義
17:30
研究会閉会
18:00~
情報交換会 参加費実費

【参加費】

無料

【参加申込】

参加申込み:8月20日(月)締切
メールにてお申込みください。数日以内に返信いたします。
メール⇒jalschallenge@yahoo.co.jp

《主な内容・形式》

本部会では、チャレンジングに多面的・多角的に「主体的・対話的で深い学び」に取り組んでいる試行錯誤、創意工夫の実践事例と研究を確認いたします。第3回の研究会では、生徒・学生を学びの主役として持てる可能性を引き出すアクティブ・ラーニングについて考えます。
グループワークでは、参加者全員が参画し、発表内容をより深化するとともに整理をします。

《当日の進め方》

参加者全員が参画するプログラムとします。発表時間は一人20分(発表15分、質疑応答5分)です。参加者は、解題、5名の発表を聞き、それぞれに気づいたことなどをカード(ポストイット)に記入します。
解題、5名の発表者をリーダーとして、6グループを編成します。カードを縦横無尽に動かしながら全員でディスカッションし、学生と創る授業について整理をします。
最後に、グループ報告を行い、アクティブ・ラーニングの授業を見える化し、情報を共有します。

≪今回の参加対象者≫

チャレンジングにアクティブ・ラーニングに取り組んでいる方
アクティブ・ラーニングの授業を行うにあたり、授業方針や運営方法などの工夫に悩みを持たれている方
アクティブ・ラーニングに関わる情報やスキルを多くの方と共有されたい方
アクティブ・ラーニングについて、さらに学びを深くされたい方

【問い合わせ】jalschallenge@yahoo.co.jp 担当:米田敬子

[PDF]