学会ビジョン委員会について

学会ビジョン委員会(仮称)について

2017年11月3日

学会ビジョン委員会暫定委員長 一円 尚

 当学会は様々な活動が精力的に行われはじめており、少しずつ軌道に乗ってきていることが大いに実感されます。しかしその一方、会全体の方向性がいまひとつ明確でなく、せっかくの各分科会での議論や活動が個々の分科会単位での独立したものになってしまうのではという懸念も抱いています。1つの学会である以上学会としての統一した発信を行う必要があり、そのためには完全ではなくても、ある程度各活動のベクトルをそろえる必要があるのではないでしょうか。

そこで、どの時期にどのようなテーマに重点を置いて学会としての活動を行うかについて、何らかのガイドラインの様なもの(ビジョン)を作成し、活動のベース部分での指針にすることを目的とした、学会ビジョン委員会(仮称)なるものを立ち上げたいと思います。教育改革上の様々なイベントが発生する時期を踏まえながら、学会解散の2030年までの時間軸に沿ったガイドライン(ビジョン)を作成していければと考えています。なおこのビジョンに関しては、最初に作ったものを2030年まで使い続けるのでなく、定期的に議論を行い、社会の変化等に合わせて適宜修正していくものと考えています。

なおビジョン作成における今後のスケジュールとして

2017年12月 第1回学会ビジョン委員会
2018年1月~2月 第2回(必要に応じて第3回)ビジョン委員会
2018年3月 全国大会で学会Visionのたたき台の発表
2018年4月~9月 委員会活動
2018年11月 中間報告
※その後も必要に応じて委員会活動の継続
2019年3月  全国大会で学会Vision Ver1の報告

このような流れで考えています。

ご賛同いただける方のご参加をお待ちしています。

※ビジョン委員会 連絡先
一円 ichienh@njk.ed.jp
白戸 shirato.haruhisa@gmail.com