研究助成

日本アクティブ・ラーニング学会 会員 様

日本アクティブ・ラーニング学会
研究委員会

研究プロジェクト・研究グループへの研究費助成について

 日本アクティブ・ラーニング学会では,会員の研究活動を支援するために,下記のように研究プロジェクト・研究グループへの研究費助成を行います。会員の皆様の積極的な応募をお待ちしております。

1.目的

本学会会員による研究活動の活性化,研究の発展を支援することを目的とする。

2.研究費助成の条件・内容等

研究費助成の対象とする研究は,アクティブ・ラーニングの授業・研究活動及び教材・コンテンツの活用にかかわるもの,また,それにかかわる学術的な研究など,本学会の目的に合致するものとする。
本研究費助成を希望する者は,研究費助成の条件・内容等により,研究プロジェクト・研究グループのどちらかで申請を行うこととする。

(1)研究プロジェクト・研究グループに共通するもの

①構成メンバー

本学会員を含む3名以上で構成され,研究代表者(申請者)は本学会の会員とする。

②研究期間

1年以内とする。研究期間終了後,研究プロジェクト・研究グループのそれぞれに定められた報告等を行うこととする。報告等がない場合は,研究助成費の返還を求めることもある。

③研究助成費の使用目的

研究の遂行に必要となる経費に関して使用すること。研究の遂行に直接関係のないものについての使用は認めない。

④申請の方法

研究費助成申請フォーム(様式1)を作成し,日本アクティブ・ラーニング学会研究委員会まで提出する。

⑤申請の受付と承認

研究委員会は,申請内容について審議し,承認の可否を会長同意の上決定し,申請者に連絡する。承認の場合,助成金の振込手続き等について研究委員会及び事務局から連絡する。
受付は年間を通して行うが,各年度の研究費助成予算額の上限に達した時点で当該年度の受付を終了する。

⑥研究成果の発表について

本研究の成果にかかわる発表等を行う場合は,本学会研究プロジェクト,または,研究グループの研究として研究費助成を受けたことを助成年度と共に明記すること。

⑦その他

同一の研究代表者(申請者)が研究費助成を受けることのできる件数は,各年度,研究プロジェクト・研究グループ合わせて1件までとする。
本研究費助成は,できるだけ多くの会員に対して助成の機会を設けることにより,学会全体の研究活動の発展や活性化をねらうものとする。したがって,研究費助成の承認は,研究の意義,計画の妥当性を審査することはもちろん,多くの会員への研究機会の提供となることも考慮して行う。

(2)研究プロジェクトに関するもの

①研究内容や研究成果の発表等について

研究内容は,アクティブ・ラーニングの授業・研究活動及び教材・コンテンツの活用にかかわるもの,また,それにかかわる学術的な研究など,本学会の目的に合致するもので,高い研究成果が期待できるもの。
研究成果は,本学会年次大会等において発表を行うだけでなく,本学会誌「アクティブ・ラーニング研究(仮称)」への採録が期待できるもの。

②研究費助成額

5万円以下とする。

③研究終了時の報告等

次の3つを行うこととする。

 ア.研究報告フォームの提出(様式2
 イ.本学会年次大会における発表
本学会年次大会における発表が望ましいが,時期的な問題等で難しい場合,本学会が主催,共催,後援する研究会等の発表でもよい。
 ウ.本学会誌「アクティブ・ラーニング研究(仮称)」への論文投稿査読により不採録となることもあるため掲載されることを条件とはしないが,投稿は行うこととする。また,査読により不採録となった場合に,他学会の論文誌等への投稿は可能である。

(3)研究グループに関するもの

①研究内容や研究成果の発表等について

研究内容は,アクティブ・ラーニングの授業・研究活動及び教材・コンテンツの活用にかかわるもの,また,それにかかわる学術的な 研究など,本学会の目的に合致するもの。
研究成果は,本学会年次大会等において発表を行うこと。

②研究費助成額

5万円以下とする。

③研究終了時の報告等

次の2つを行うこととする。
ア.研究報告フォームの提出(様式2
イ.本学会年次大会における発表

本学会年次大会における発表が望ましいが,時期的な問題等でそれが難しい場合,本学会が主催,共催,後援する研究会等の発表でもよい。

(様式1)

日本アクティブ・ラーニング学会会長殿

【研究費助成申請書】

 

 

申請種別 (必須)
研究プロジェクト研究グループ

研究プロジェクト・研究グループそれぞれについて,研究終了後の報告内容等が定められています。報告等が条件を満たしていない場合,助成費の返還を求めることがあります。 助成金の使用用途が申請時と大きく異なる場合は,それについて報告を求める場合があります。

〇研究グループ(助成5万円以下)
研究報告書の提出とともに、本学会年次大会における発表を行う。(年次大会発表が難しい場合、本学会が主催,共催,後援する研究会等の発表でもよい。)
〇研究プロジェクト(助成5万円以下)
研究グループの項目に加え、本学会誌「アクティブ・ラーニング研究(仮称)」への投稿を行う。高い研究成果が期待される。

申請日 (必須)

〔申請者〕

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

団体名 (必須)

電話番号 (必須)

〒住所 (必須)

下記のように,研究費助成の申請をしますので審査をお願いします。

研究テーマ (必須)

研究内容 (必須)

研究代表者以外の参加者氏名と所属 (必須)

研究目的〔200字程度〕 (必須)

研究の計画・方法等〔400字程度〕 (必須)

研究期間〔1年以内〕 (必須)

助成希望金額〔研究プロジェクトは5万円以下,研究グループは5万円以下〕 (必須)

助成金使途概算[費目-金額(総計額)] (必須)
本助成が決定した場合、終了時に使途明細をご提出頂きます。

ファイル添付|参考になる資料がある場合は添付してください。複数ある場合は[lzh][zip]で圧縮の上、添付をお願いします。
 

備考

上記内容に相違ないことを確認しました。

(様式2)

日本アクティブ・ラーニング学会研究委員会 委員長殿

【研究報告書】

 

 

申請種別 (必須)
研究プロジェクト研究グループ

記入日 (必須)

〔申請者〕

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

団体名 (必須)

電話番号 (必須)

〒住所 (必須)

日本アクティブ・ラーンング学会から助成を受けた研究が終了しましたので,成果等について下記のように報告します。

研究テーマ (必須)

研究の成果〔800字程度で記入。学会広報用として使用します。〕 (必須)

研究期間 (必須)

研究代表者以外の参加者氏名と所属 (必須)

助成金使途明細[費目-金額(総計額)] (必須)

発表予定 (必須)
日本アクティブ・ラーニング学会年次大会日本アクティブ・ラーニング学会が主催,共催,後援する研究会等での発表予定学会誌「アクティブ・ラーニング研究(仮称)」への論文投稿の見通しその他の研究成果発表等の予定予定なし

ファイル添付|参考になる資料がある場合は添付してください。複数ある場合は[lzh][zip]で圧縮の上、添付をお願いします。
 

備考

上記内容に相違ないことを確認しました。