第2回全国大会最終案内

多くの方に参加をいただき、ありがとうございました。
次回第3回全国研究大会は2019年3月10日(日)神田外語大学で開催予定です。


目次
趣旨大会概要大会プログラム大会会場告知(重要な期日)


2018年3月16日

日本アクティブ・ラーニング学会 第2回全国大会
最終案内

日本アクティブ・ラーニング学会会長 米田 謙三
第2回全国大会実行委員長 吉田 和夫

大会テーマ:2020年新学習指導要領とアクティブ・ラーニング

 日本アクティブ・ラーニング学会会員及び関係各位におかれましては、ますますご清祥のことお慶び申し上げます。
2020年より新学習指導要領が開始されます。また、大学入試も改革され、教育の内容や周辺環境の変化・改革が実行されます。そのような変化の中、第2回全国大会は東京都文京区にある文京学院大学本郷キャンパスで開催する運びとなりました。会場は最寄駅から徒歩0分という非常にアクセスの良い環境です。教育改革が進む中、全国の皆様と「深い学び」について議論する大会にしたいと考えております。多くの方々のご参加をお待ちしています。

【趣旨】
今大会では,2020年から開始される新学習指導要領における「学力の3要素」の定着を意識し,教科学習におけるアクティブ・ラーニングの導入などにより小学校から高校教育の現場がどのように変化していくのか,それを受け入れる大学教育はどのように対応していく必要があるのか,先進的な学校現場の取組や高大連携の取組に着目する。2020年代にふさわしい小中高大接続を実現するためのアクティブ・ラーニングの可能性を基調講演・シンポジウム・自由研究・実践発表などを設け、討議・議論を深め追求する。


【大会概要】

1.開催日 2018年3月25日(日)
2.会場 文京学院大学 本郷キャンパス S館&D館
〒113-8668東京都文京区向丘1-19-1
TEL:(03)3814-1661(代表)
3.運営 日本アクティブ・ラーニング学会 第2回全国大会運営委員会
4.参加申し込み  

 

5.大会参加費 会員3,000円 学生1,000円 非会員:5,000円
6.昼食について  コンビニはありますが、休日ということもあり周辺に食事ができるところが少ないとのことです。上記「参加申込みフォーム」からお弁当(800円)を事前購入することができます(当日1階食堂でお渡し予定)。各教室は飲食禁止です。1階食堂は休憩場所・食事場所として11時から利用できますが、春休み期間及び日曜日のため営業はしておりません。予めご承知おきください。
7.情報交換会 参加費3,200円

後援:文部科学省(予定)、文京学院大学 他


◆大会プログラム 3月25日(日) 9:00〜18:00 [PDF]

<午前の部>  
08:30〜 受付
09:00 開会
09:10〜10:10
(60分)
研究発表1
・教育環境とアクティブ・ラーニング部会(S-601)
・チャレンジ教育部会(S-602)
・口頭発表<学習ツール>(S-603)
・口頭発表<授業実践>(S-604)
・ICT教育部会(S-605)
・SDGs部会(D-51)
・教科横断型・表現リテラシー部会(D-52)
09:10~10:10
(60分)
招待セッション:
深い学びと国際バカロレアDP科目・TOKの親和性(S-504)
10:20~10:40 開会式(全体会挨拶・会場校挨拶) S館504教室(5F)

基調講演Ⅰ・Ⅱ・総会・シンポジウム・閉会式も同じ会場です

※基調講演・シンポジウムはS-603、S-604でライブ配信を行います

10:40〜12:00
(80分)
基調講演1
京都大学 高等教育研究開発推進センター教授 溝上慎一 
12:05〜12:25
(20分)
総会
<昼食休憩>  
12:00〜13:20
(80分)
企業展示・昼休み
<午後の部>  
12:00~13:20
(80 分)
日本 STEM 教育学会ポスターセッション(D-61)
12:30~13:20
(50分)
ポスターセッション(S-502)
13:30〜14:20
(50分)
基調講演2
文部科学省生涯学習政策局情報教育課教科調査官 鹿野利春
14:40〜16:30
(110分)
研究発表2
・チャレンジ教育部会(S-602)
・評価研究部会(S-605)
・SDGs部会(D-51)
・教科横断型・表現リテラシー部会(D-52)
14:40~16:20
(100分)
イノベーティブティーチャー部会 シンポジウム(D-61)
14:40〜15:30
(50分)
授業実践 (S-603)
授業者: 米田謙三(関西学院千里国際中等部・高等部 本学会会長)
参加生徒:文京学院大学女子中学・高等学校
15:40〜16:30
(50分)
実践発表 (S-604)
発表者:高校生ICTカンファレンス
15:40~16:20
(40分)
ビジョン委員会中間報告会(S-504)
15:40~16:20
(40分)
ICT教育研究部会実践報告(S-605)
15:50~16:30
(30分)
チャレンジ教育部会ラウンドテーブル(S-602)
16:45〜18:00
(75分)
シンポジウム:「新学習指導要領とアクティブ・ラーニング」(S-504)
国立教育政策研究所 福本徹
千代田区立麹町中学校 校長 工藤勇一
司会:荒木 貴之(千代田女学園中学校・高等学校校長 本学会副会長)
18:00 閉会式
18:30〜20:00 情報交換会  ※文京学院大学 B’s Dining(1F・学生食堂)

◆大会会場 文京学院大学 本郷キャンパス

最寄り駅から
・東京メトロ南北線「東大前」駅下車(2番出口)徒歩0分
・都営三田線「白山」駅下車(A2出口)徒歩10分
・東京メトロ千代田線「根津」駅下車(1番出口)徒歩10分
http://www.u-bunkyo.ac.jp/about/page/campus.html

 


予稿集目次(発表内容の概観ができます)


個人発表 
1.チャレンジ教育部会 司会 高橋真義 S-602教室

【1】9:10~9:30 米田敬子

〇学校への帰属意識と学校生活への意欲-開智日本橋中学校での「自己表現・評価トレーニング」の実践から-〇文教大学

【2】9:30~9:50 深浦聡明

〇高校数学授業における効果的アクティブ・ラーニング型授業を目指して~失敗事例の反省から~ 〇秋田県立湯沢翔北高等学校

【3】9:50~10:10 長谷川克也

〇意識を引き出す事で必ず国家試験合格をさせるための教え方~国家試験に合格させるためのアクティブ・ラーニングでの挑戦~〇宇宙航空研究開発機構

【4】14:40~15:00 橋本勝

〇ライト・アクティブラーニングの必要性を説く〇富山大学

【5】15:00~15:20 難波俊樹

〇「編集思考」を用いて考察する問題解決力と教科横断型学力〇東京富士大学

【6】15:20~15:40 杉原亨、出石稔、山本富士雄、橋本哲也

〇高大協働による地域の課題解決に向けたプロジェクト学習の取組み
〇関東学院大学、藤沢翔陵高等学校

【7】15:40~16:00 山本修裕

〇「能動的学習者」を育成する授業デザインの考察~スマートフォンを利用した「大喜利ワーク」の実践を通して~〇ワークショップデザイナー

【8】16:00~16:20 鷲北貴史

〇続・アクティブは愛だ~BF現場の後期水曜1限の実践報告~
〇高崎経済大学、湘南工科大学

2.口頭発表A<学習ツール> 司会 難波俊樹 S-603教室

【1】9:10~9:30 大廣光文

〇主体的・対話的で深い学びへ向けての授業改善―ジグソー法を取り入れたコンセプト・マッビングの試み〇ステップハイステップ湘南スクール

【2】9:30~9:50 中園篤典

〇市販カードゲーム「小早川」を教室で実施するために必要なこと〇広島修道大学

【3】9:50~10:10 木村京子、柳沢富夫

〇地域通貨を使った社会課題解決」の学習におけるアクティブ・ラーニング支援活動
〇ラウンドテープルコム

3.評価研究部会 司会 吉田和夫   S-605教室

【1】14:40~15:00 清水公男、吉田悠一

〇OPP(一枚ポートフォリオ)を活用した学習評価デザインの授業実践研究〇文京学院大学、松阪市立久保中学校

【2】15:00~15:20 青木太郎

〇アクティブ・ラーニングの効果測定に使える、国際標準評価技法の紹介〇日本BLS協会

【3】15:20~15:40 井上 泉

〇アクティブ・ラーニングにおける学習者参加型評価の可能性と課題 - 大学英語教育の実践例を通して〇沖縄国際大学

4.口頭発表B<授業実践> 司会 稲井達也  S-604教室

【1】9:10~9:30 石井健登

〇中学校における「メモリーツリー」導入の実践報告と考察〇日本大学

【2】9:30~9:50 峰岸 巧

〇概念的思考を取り入れた探究型の学び」による子どもたちの変容と今後の展開
〇開智望小学校

【3】9:50~10:10 成田裕政

〇主体的に学ぶ中学公民授業の実践〇四天王寺学園高等学校・中学校

5.教育環境とアクティブ・ラーニング部会 司会 松波紀幸 S-601教室

【1】9:10~9:30 木村剛 渡辺悟

〇社会人教育における「学び合い」の誘発~企業研修にみる最終試験事前開示の有効性~〇立教大学、シュハリ

【2】9:30~9:50 松波紀幸

〇教職課程における音声化教材を用いた実践事例〇帝京大学

【3】9:50~10:10 牧野浩二

〇主体的で、対話的な深い学び」の実践―教職教養科目「教育法規」をアクティブ・ラーニングの視点で―〇四天王寺大学

6.教科横断型・表現力リテラシー部会 司会 大重史朗 D-52教室

【1】9:10~9:30 古新 舜, 南 知仁,中川 耕治

〇修学旅行で映画制作~シネマ・アクティブ・ラーニングを用いた長崎修学旅行でのPBL~〇コスモボックス/下北沢成徳高等学校、 JTB中国四国、 広島城北中学校

【2】9:30~9:50 石井雅章

〇レポート作成授業におけるペアワーク・グループワーク実践〇神田外語大学

【3】9:50~10:10 永野篤

〇短期大学生のオラリティーとリテラシーの相関と評価〇聖和学園短期大学

【4】14:40~15:00 松尾千佳、古屋美樹・小島英嗣 沓澤糸

〇高校生・大学生の語彙力とアクティブ・ラーニングとの関係性に関する一考察
―「第2回現代人の語彙に関する調査」より―
〇ベネッセコーポレーション、教育アナリスト

【5】15:00~15:20 藤田朋己

〇学びあう授業による効果と課題- 思考手法・思考ツールの利用 -
〇大阪総合保育大学

【6】15:20~15:40 西村準吉

〇遠隔授業とビブリオバトル〇佼成学園中学高等学校

【7】15:40~16:00 山瀬加奈・北野三保子

〇国際交流経験でアクティブ・ラーナーを育成する~NPO法人コモンビート スクールプロジェクトの提供する「ワールドダンス」 文部科学省トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムの提供する「留学」から~〇玉川大学

7.ICT教育研究部会 【午前の部】 司会 吉田和夫  S-605教室

【1】9:10~9:30 高橋美樹

〇オリンピック リオ-CLIL~Tablet Debate
〇兵庫県立鳴尾高等学校

【2】9:30~9:50 山口一裕

〇多人数講義形式授業でより深く地球科学を学ぶためのアクティブ・ラー
ニング授業の実践と評価〇岡山理科大学

【3】9:50~10:10 岡山咲子

〇LINEを使ったワークショップによるアクティブ・ラーニング手法〇千葉大学

8.SDGs部会  司会 藤田大悟 D-51教室

【1】9:10~9:30 松井晋作

〇高大接続と産官学連携を通じた国際理解及び地域貢献活動について
〇多摩大学目黒高等学校

【2】9:30~9:50 荒木貴之

〇わが国の学校教育におけるSDGs実践に関する調査〇武蔵野大学

【3】9:50~10:10藤田大悟、立花智子、吉田拓実

〇世界の課題解決を目的とした中高生の学会サイエンスキャッスルおよび研究費の試みとSDGsによる研究の深化の可能性
〇リバネス教育総合研究センター 、リバネス教育開発事業部

【4】14:40~15:00 井上麻衣

〇サステイナビリティワークショップ実践の試み 〇リバネス人材開発事業部

【5】15:00~15:20 丸山仁

〇「祖父母への聴き取り」が、面接技法向上にもたらす効果について
〇新潟医療福祉大学

【6】15:20~15:40 池田修

〇音声入力を活用した、教師の語りかけ指導に関する研究〇京都橘大学

【7】15:40~16:00佐藤裕幸

〇反転授業用動画作成と予習課題の確認及び授業内アウトプットによる深い学びの育成事例〇石川義塾中学校・高等学校

9.イノベーティブティーチャー部会 司会 小村俊平 D-61教室

14:40~16:20
シンポジウム:三浦浩喜(福島大学理事・副学長)、秋田喜代美(東京大学 )

10.ポスターセッション  S-502教室

コアタイム(発表者待機時間) 12:30 ~ 13:20

教え合いを取り入れた授業の開発・実践とその評価・分析
岩川 暢澄〇文京学院大学女子高等学校

身近なテーマを利用して生徒の科学的思考力,問題発見能育成する方法
鈴木康恵〇文京学院大学女子高等学校

「自分の平熱を考える」 アクティブ ・ラーニング の手法 について
麻生由子、齋藤寛子、佐竹優希、佐藤素子、棚橋信雄、高野一夫、樋口 桂〇秋田市立下浜中学校、秋田市立下浜中学校、秋田市立豊岩中学校、秋田市立豊岩中学校 、文京学院大教職センター 、東京有明医療大学保健部 、文京学院大保健医療技術部

作業療法士養成課程における職業倫理教育の質改善に向けたアクティブ・ラーニングの探究~専門職としての徳に着目して~
山野克明〇熊本保健科学大学保健科学部リハビリテーション学科

特別セッション

【招待セッション】  9:10~10:10 S-504教室

深い学びと国際バカロレアDP科目・TOKの親和性
小澤大心〇アオバジャパン・インターナショナル

【日本 STEM 教育学会セッション】  12:00~13:20 D-61教室

口頭発表、ポスターセッション 日本STEM教育学会

【授業実践】 14:40~15:30 S-603教室

コーヒーから持続可能な世界を考える!
講師:米田謙三〇関西学院千里国際中等部・高等部、当学会会長
生徒:文京学院大学女子中学・高等学校

【実践発表】 15:30~16:20 S-604教室

高校生ICTカンファレンス
浦和高等学校1年生・彦由哲宏 鎌倉女学院高等学校2年生・姜維玲
お茶の水女子大学4年生・佐々日向子  早稲田大学1年生・井出凪砂
佐藤正二〇鎌倉女学院高等学校教諭
高木健治〇安心ネットづくり促進協議会 事務局
ファシリテーター:米田謙三〇関西学院千里国際中等部・高等部


<企業展示一覧>

■メインブース ■サブブース
LB技研合同会社
株式会社NTTドコモ
リバネス教育総合研究所
ブリタニカ・ジャパン株式会社
(株)文英堂
ジョイズ株式会社
日本事務器株式会社
学事出版株式会社
株式会社ルーティングシステムズ
株式会社内田洋行
カシオ計算機株式会社
株式会社 MetaMoJi
一般社団法人 日本教育基準協会
NPO法人英語運用能力評価協会
株式会社朝日出版社
株式会社ラーンズ
コスモピア株式会社
株式会社 東信堂

第2回全国大会スケジュール


◆告知(重要な期日)

2017年
11月27日(月) 各種申込開始
一般研究発表申込み(口頭発表,ポスター発表)
企業展示、ポスター・デモセッションの申込み
2018年
2月2日(金)17時 一般研究発表(口頭発表,ポスター発表)の申込み締め切り
2月10日(金)17時 第3期予算申請締め切り(各部会・研究会・委員会)
2月16日(金)17時 企業展示,ポスター・デモセッションの申込み締め切り
2月24日(金)17時 総会案内告知・送付
3月2日(金)17時 一般発表原稿の提出締め切り
3月16日(金)17時 事前参加申込み(郵便振替の方)の締め切り
3月16日(金)17時  企業協賛入金 締切
 3月16日(金)  一般研究発表の採否の通知(予定)
 3月25日 (日)  大会当日