非ICT部門〔06〕「アクティブ・ラーニング・パターン《教師編》」

【エントリー一覧】

非ICT部門
株式会社ベネッセコーポレーション「アクティブ・ラーニング・パターン《教師編》」

〇商品名称
「アクティブ・ラーニング・パターン《教師編》」

〇特徴・キャッチフレーズ
学校での主体的・対話的で深い学びをサポート! 指導に役立つ45の“実践のヒント”

〇商品説明
「アクティブ・ラーニング・パターン《教師編》」(以下、ALP)は、経験則・秘訣を「パターン・ランゲージ」の方法で言語化することに取り組む井庭崇氏(株式会社クリエイティブシフト代表, 慶應義塾大学准教授)と株式会社ベネッセコーポレーションが共同開発した先生支援ツールです。生徒が学びの主体となり成長していくために、教師が実践できる指導のヒントを言語化し、45の「パターン」としてまとめています。自分の経験を振り返ったり、同僚の先生たちと意見を交わしたりすることが可能になります。
ALPには、自分自身がどれくらいの「コツ」を実践しているのかを自己チェックするための「ALPアセスメント」と、対話を通して他者と知見を高め合うワークショップで活用する「ALPカード」、それぞれのパターンの詳細説明や、具体的な事例をまとめた「ALP冊子」の3つがあります。
ALPがよりよい学びの場をつくるきっかけになり、「グループワークをする」「プレゼンテーションをする」というような形式にとらわれることなく、生徒たちが主体的にいきいきと学び、豊かな知恵を手にする一助となればと期待しています。
【活用者の声】
・コツが「言語化されている」ことで対話がしやすい
・対話を通して自分の指導を振り返ったり、他者の指導について学べたりして効果的
・自分がやっている授業内容も共感してもらうと自信につながる
・ALPを使用しての会議を通し、本校の課題が少し見えてきた感じがした

〇商品URL
http://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/20170804release.pdf

株式会社ベネッセコーポレーション
アセスメント開発部育成サービス企画課 宇都宮嘉宏
y_utsunomiya@mail.benesse.co.jp
岡山県岡山市北区南方3-7-17
086-221-5571

ALP活用方法

ALP領域図

ALPアセスメント結果