(様式1)

日本アクティブ・ラーニング学会会長殿

【共催・後援申請書】

 

申請日 (必須)

〔申請者〕

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

団体名 (必須)

電話番号 (必須)

〒住所 (必須)

下記の事業について,日本アクティブ・ラーニング学会の共催・後援の承諾を得たく,関係資料を添えて申請いたします。


後援・共催依頼先(日本アクティブ・ラーニング学会学会以外)
共催後援

事業名 (必須)

趣旨 (必須)

開催日 (必須)

開催開始時間 (必須)

会場名 (必須)

参加対象 (必須)

参加予定人数 (必須)

ファイル添付|計画内容を明らかにする書類(実施計画,チラシ等)を添付してください。ファイルが複数ある場合は[lzh]または[zip]形式で圧縮し添付してください。
添付できるファイル形式は以下の通りです。
filetypes:bmp/csv/doc/docx/gif/jpeg/jpg/lzh/pdf/png/ppt/pptx/tif/tiff/txt/xlsx/xls/zip/
 

備考

上記内容に相違ないことを確認しました。


(様式2)

日本アクティブ・ラーニング学会会長殿

【共催・後援事業実績報告書】

 

 

記入日 (必須)

〔申請者〕

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

団体名 (必須)

電話番号 (必須)

〒住所 (必須)

貴学会共催・後援の事業を下記のとおり終了しましたので報告します。


後援・共催依頼先(日本アクティブ・ラーニング学会学会以外)
共催後援

事業名 (必須)

開催日 (必須)

会場名 (必須)

参加人数〔学会会員〕 (必須)

参加人数〔一般参加者〕 (必須)

概要〔800字程度で記入。学会広報用として使用します。〕 (必須)

ファイル添付|計画内容を明らかにする書類(実施計画,チラシ等)を添付してください。ファイルが複数ある場合は[lzh]または[zip]形式で圧縮し添付してください。
添付できるファイル形式は以下の通りです。
filetypes:bmp/csv/doc/docx/gif/jpeg/jpg/lzh/pdf/png/ppt/pptx/tif/tiff/txt/xlsx/xls/zip/
 

備考

上記内容に相違ないことを確認しました。


(様式1)

日本アクティブ・ラーニング学会研究委員会 委員長殿

【研究会助成申請】

 

 

申請日 (必須)

〔申請者〕

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

団体名 (必須)

電話番号 (必須)

〒住所 (必須)

下記のように,日本アクティブ・ラーニング学会助成による研究会を開催したく,関係書類を添えて申請します。

研究会名 (必須)

目的と概要 (必須)

開催日 (必須)

開催開始時間 (必須)
時 (8時〜20時)

会場名 (必須)

参加対象 (必須)

参加予定人数 (必須)

助成希望金額〔最大50,000円〕 (必須)

使用の用途(概算|明細[費目-金額]・合計額) (必須)
本助成が決定した場合、終了時に使途明細をご提出頂きます。

ファイル添付|参考になる資料がある場合は添付してください。複数ある場合は[lzh][zip]で圧縮の上、添付をお願いします。
 

備考

上記内容に相違ないことを確認しました。


(様式2)

日本アクティブ・ラーニング学会研究委員会 委員長殿

【研究会実施報告書】

 

 

記入日 (必須)

〔申請者〕

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

団体名 (必須)

電話番号 (必須)

〒住所 (必須)

日本アクティブ・ラーニング学会助による研究会を下記のとおり終了しましたので報告します。

研究会名 (必須)

開催日 (必須)

会場名 (必須)

参加人数〔学会会員〕 (必須)

参加人数〔一般参加者〕 (必須)

概要〔800字程度で記入。学会広報用として使用します。〕 (必須)

助成金使途明細[費目-金額(総計額)] (必須)

ファイル添付|参考になる資料がある場合は添付してください。複数ある場合は[lzh][zip]で圧縮の上、添付をお願いします。
 

備考

上記内容に相違ないことを確認しました。


(様式1)

日本アクティブ・ラーニング学会会長殿

【研究費助成申請書】

 

 

申請種別 (必須)
研究プロジェクト研究グループ

研究プロジェクト・研究グループそれぞれについて,研究終了後の報告内容等が定められています。報告等が条件を満たしていない場合,助成費の返還を求めることがあります。 助成金の使用用途が申請時と大きく異なる場合は,それについて報告を求める場合があります。

〇研究グループ(助成5万円以下)
研究報告書の提出とともに、本学会年次大会における発表を行う。(年次大会発表が難しい場合、本学会が主催,共催,後援する研究会等の発表でもよい。)
〇研究プロジェクト(助成5万円以下)
研究グループの項目に加え、本学会誌「アクティブ・ラーニング研究(仮称)」への投稿を行う。高い研究成果が期待される。

申請日 (必須)

〔申請者〕

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

団体名 (必須)

電話番号 (必須)

〒住所 (必須)

下記のように,研究費助成の申請をしますので審査をお願いします。

研究テーマ (必須)

研究内容 (必須)

研究代表者以外の参加者氏名と所属 (必須)

研究目的〔200字程度〕 (必須)

研究の計画・方法等〔400字程度〕 (必須)

研究期間〔1年以内〕 (必須)

助成希望金額〔研究プロジェクトは5万円以下,研究グループは5万円以下〕 (必須)

助成金使途概算[費目-金額(総計額)] (必須)
本助成が決定した場合、終了時に使途明細をご提出頂きます。

ファイル添付|参考になる資料がある場合は添付してください。複数ある場合は[lzh][zip]で圧縮の上、添付をお願いします。
 

備考

上記内容に相違ないことを確認しました。


(様式2)

日本アクティブ・ラーニング学会研究委員会 委員長殿

【研究報告書】

 

 

申請種別 (必須)
研究プロジェクト研究グループ

記入日 (必須)

〔申請者〕

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

団体名 (必須)

電話番号 (必須)

〒住所 (必須)

日本アクティブ・ラーンング学会から助成を受けた研究が終了しましたので,成果等について下記のように報告します。

研究テーマ (必須)

研究の成果〔800字程度で記入。学会広報用として使用します。〕 (必須)

研究期間 (必須)

研究代表者以外の参加者氏名と所属 (必須)

助成金使途明細[費目-金額(総計額)] (必須)

発表予定 (必須)
日本アクティブ・ラーニング学会年次大会日本アクティブ・ラーニング学会が主催,共催,後援する研究会等での発表予定学会誌「アクティブ・ラーニング研究(仮称)」への論文投稿の見通しその他の研究成果発表等の予定予定なし

ファイル添付|参考になる資料がある場合は添付してください。複数ある場合は[lzh][zip]で圧縮の上、添付をお願いします。
 

備考

上記内容に相違ないことを確認しました。