日本アクティブ・ラーニング学会 チャレンジ教育部会第12回研究会

日本アクティブ・ラーニング学会(jALs)チャレンジ教育部会第12回研究会を下記により開催いたします。

テーマは、「 教育の新潮流Ⅴ 学びの幅を広げる 」です。

多様な学びを束ねていただき、ブレイクアウトセッションで多面的、多層的に意見交換をいたします。
このチャレンジ教育部会は、テーマを敢えてキッチリと絞っていません。
多くの皆さまに発表していただき、それをネタにして、ブレイクアウトセッションで語りあい、気づきを共有していただくというカタチにしております。
ワイワイガヤガヤと語り合うこと、「三人寄れば文殊の知恵」 的な気づきを束ねることによって、教育の新潮流が見えてくることが期待されます。
ご参加に当たっては、お仲間に加えて、学生・生徒の皆さんに声を掛けてくださいますようお願いいたします。

日時 2022年4月21日(木)20:00〜22:00
テーマ 教育の新潮流V 学びの幅を広げる
使用媒体 ZOOM会議
プログラム 20:00【開会・チャレンジ部会説明】
高橋真義 桜美林大学名誉教授・チャレンジ教育部会座長
20:10【主張:15min】
岡本啓史 国連難民高等弁務官コペンハーゲン事務所
20:25【報告:15min】
日高正晃 一般社団法人教育デザイン研究所
米田謙三 関西学院千里国際中高等部教諭・日本アクティブ・ラーニング学会会長
楢島知哉 三田国際学園中学校高等学校教頭
20:10【ディスカッション:30min】
ブレイクアウトセッション 自分らしく学べることについて語り合います。
*ディスカッションは、ブレイクアウトセッション機能で、3~4名のグループ編成とします。
21:40【まとめ:20min】
22:00【閉会】
22:10【情報交換会(参加自由):30min】
参加費 無料
参加申込 【参加申込】
2022年4月19日(火)締切
氏名・所属・メールアドレスを記載してください。
【申込先】
jalschallenge@yahoo.co.jp
日本アクティブ・ラーニング学会 チャレンジ教育部会座長 高橋真義
参加対象者 ・生徒・学生の成長を第一に考えて、チャレンジングにアクティブ・ラーニングに取り組み、悪戦苦闘・試行錯誤されている方
・アクティブ・ラーニングの授業をおこなうにあたり、授業方針やクラス運営方法などについて悩みを持たれている方
・アクティブ・ラーニングに関わる情報やスキルを多くの方と共有・確認されたい方
・アクティブ・ラーニングについて、さらに学びを深くされたい方
問い合わせ jalschallenge@yahoo.co.jp
担当:米田敬子