『探究・PBLコーディネイター研修』(第1期・2022年度)

日本アクティブ・ラーニング学会「未来探究部会」
AI時代の教育学会
両学会公認オンライン研修会


『探究・PBLコーディネイター研修』(第1期・2022年度)


2022年度より「総合的な探究の時間」が必修化されました。
これまでと違った指導が必要なのでしょうか? 誰が指導するのでしょうか? どこから始めたらいいのかわからない…というお声も聞かれます。
本研修では、単純なノウハウの伝授や「マインドを変えましょう」というような掛け声ばかりが行き交う場ではありません。また講師と受講者という固定化された関係で成立する場でもありません。
ともに、生徒の探究活動に伴走する「仲間」として共に学び合う話題提供者と参加者とが出会う場所です。

 

「動画視聴+ワークショップ+Slack」の
オンラインサロン型研修

 

共に議論するための話題提供(動画)があり、オンラインで語らい(ワークショップ)、普段から交流する場(Slack)がある。そして、修了証を獲得した方には、第2期以降の運営もお手伝いいただく-探究のバトンを繋ぎましょう。

Point1
いつでも視聴可能なオンデマンド動画で「観点」「論点」整理!

Point2
話題提供者によるワークショップで視点も情報も心情もシェア。

Point3
参加者と話題提供者だけのクローズドなSNSで普段から情報共有。

Point4
多彩で経験豊富な話題提供者(予定者は下記参照。今後追加予定)。

Point5
努力の証として、修了要件を満たした方には両学会による修了証を授与。

 

□研修期間は?

申込開始・・・10月27日
申込締切・・・12月27日(予定)
Slack開放・・・11月8日
動画視聴・課題提出(順次公開) 11月11日〜2023年3月26日 視聴可能
ワークショップ開催期間 11月23日〜3月26日の期間に12回を予定

 

□話題提供者は?

現時点の予定者
・西村圭一(東京学芸大学 教授)
・藤村祐子(東京学芸大学 准教授)
・酒井淳平(立命館宇治中学校・高等学校)
・米田謙三(関西学院千里国際中等部・高等部/日本アクティブ・ラーニング学会 会長)
・荒木貴之(ネットラーニングホールディングス/日本アクティブ・ラーニング学会 副会長)
・石井雅章(神田外国語大学 教授/日本アクティブ・ラーニング学会 理事)
・難波俊樹(東京女子学園中学校・高等学校/日本アクティブ・ラーニング学会 理事)
・岡田健志(株式会社 増進堂・受験研究社 主任研究員)

話題提供者は、順次、追加予定です。
テーマ・話題提供者リストはこちら >>

 

□費用と参加資格は?

どちらかの学会に所属する学会員(賛助会員は1口1名が対象)・・・2,000円
※パスマーケットにてお申し込み

非学会員・・・10,000円
※同時にどちらかの学会に入会された場合、学会員価格でご参加いただけます。

探究・PBLに関心のある方であれば、所属は不問です。
研修の趣旨を理解し、特定の製品・サービスの「営業活動」はご遠慮ください。

 

□申込〜参加のフロー

(1)パスマーケット( https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02e2kcun77p21.html )にて、参加費用をお支払いください。

(2)申込が確認されましたら登録されたメールアドレス宛てに、Slack参加の案内が届きます。動画視聴やワークショップの日程など連絡は全てSlack上で行います。

(3)ワークショップは参加者が参加しやすいように日程を組みます。
※業務の都合などで参加ができない場合などは、事務局に相談ください。

(4)終了要件を満たせば、研修会期の最後に、修了証をお渡しします。

 

□修了要件は?

以下の3つを要件とします。

(1)視聴必須動画(15本を予定)の視聴および課題提出
(2)ワークショップへの参加6回以上(12回実施予定)
(3)ワークショップおよびSlackでの参加状況

※業務の都合などでワークショップの出席が満たない場合には、ご相談ください。第2期での出席で代替も可能です。

 

□お問合せ

お問合せの際は、「探究・PBLコーディネイター研修」の件である旨を表題におつけください。
内容によっては、返答に数日を要することがございます。

お問い合わせはこちら:infojals2030@gmail.com