jALs情報(vol15)2017-01-18

投稿者: | 2017年1月18日

Vol15 日本アクティブ・ラーニング学会 情報
2017/01/18
日本アクティブ・ラーニング学会 (JALs)
Japan Active Learners Society
https://jals2030.net/


<トピックス>

◆次期学習指導要領  教員を支える態勢築け 
http://www.topics.or.jp/editorial/news/2017/01/news_14839229023997.html

◆授業が変わる!改訂間近の次期「学習指導要領」3大トピック
http://benesse.jp/kyouiku/201701/20170112-3.html

◆アクティブ・ラーニングを学ぶ(秋田県)
http://www.news24.jp/nnn/news86111199.html

◆子供に残すべきはカネより「STEAM教育」だ
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/270859/122200015/?rt=nocnt

◆アクティブ・ラーニングの可能性と課題(後編)
アクティブ・ラーニングがもたらす子どもへの効果とは?
http://news.mynavi.jp/articles/2017/01/13/active_learning_02/

◆アクティブラーニングや小学校での英語必須化も 新学習指導要領について
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20170113/Jijico_22284.html

◆AL型学習 小学生~高校生の7割以上が「好き」
https://www.kyobun.co.jp/news/20170112_04/


<学会から活動のお知らせ>



日本アクティブ・ラーニング学会 第1回全国大会 (第二次案内)
 大会テーマ:「学習者が創るアクティブ・ラーニング 
         深い学びを実現するアクティブ・ラーニング」
◆日時:平成29年3月26日(日) 10時~18時(受付開始9時)
◆会場:武蔵野大学 有明キャンパス
    東京都江東区有明三丁目3番3号
    http://www.musashino-u.ac.jp/guide/campus/ariake_campus.html
◆参加費:非会員:一般6,000円、学生2,000円
      会員:一般3,000円、学生1,000円
     *事前申し込み(2月26日まで)非会員(一般)1,000円引き
                     会員(一般)500円引き
◆<プログラム>
・開会式   10:00
・基調講演 10:10~11:20
 「アクティブ・ラーニングを想定した教育の情報化」
  堀田 龍也(ほりた・たつや / Tatsuya HORITA)
  東北大学大学院情報科学研究科・教授,博士(工学)
・休憩時間 11:30~13:00
   11:30~13:00 協賛企業プレゼンテーション・展示
11:30~12:00 アクティブ・ラーニングアウォード説明(企業・団体対象)
12:10~12:40 役員会 
・分科会・ワークショップ 13:00~16:00
 1. 国際バカロレア部会
 2. 自律学習を支援するアクティブ・ラーニング部会
 3. チャレンジ教育部会
 4. ゲームフィケーション部会
 5. アセスメント部会
 6. 初中等教育・教科教育部会
 7. 教育環境部会
 8.一般              (以上 予定)
・シンポジウム 16:15~17:30
  「学習者が創るアクティブ・ラーニング
  深い学びを実現するアクティブ・ラーニング」
  登壇者(予定):
  松田孝  (小金井市立前原小学校 校長)
  一円尚  (開智日本橋学園中学校 校長)
  石川一郎 (香里ヌヴェール学院 学院長)
  大西久雄 (越谷市立平方中学校 校長)
・閉会式 17:30~17:40

◆情報交換会 18:00~20:00
 武蔵野大学有明キャンパス3号館2階「LOHAS Café」
 参加費:3,000円

<研究発表> *発表:15分、質疑5分
 1)研究発表 :研究、実践、課題研究の発表を行います。
 2)報告・提案:実践報告、意見の提案、課題研究の経過報告などを行います。
<申し込み>
 日本アクティブ・ラーニング学会の会員。(非会員は会員との共同発表は可)
 下記アドレス宛に、題名:【jALs2016-02全国大会】(所属、名前)とし、word版、PDF版双方のファイルを添付でお送りください。
 なお、word版、PDF版とも事務局でヘッダーおよびフッターの編集を行いますので、編集可能な設定で送付してください。
<発表申し込み締め切り>
 平成29年2月17日(日)
<原稿送付締め切り>
 平成29年3月4日(土)
 全国大会発表申し込みアドレス:taikai2016@jals2030.net
 ◆お申込み・お問い合わせ
  日本アクティブ・ラーニング学会
  info@jals2030.net


<セミナー・シンポジウム・学会 情報>



◆教育の情報化推進フォーラム
次期学習指導要領改訂に向けて
平成29年3月3日(金)3月4日(土) 
http://www.japet.or.jp/event/forumedu/

◆平成28年度文部科学省委託「学校における情報セキュリティを確保したICT環境強化事業」
学校における情報セキュリティ及びICT環境整備等に関する研修会 開催一覧
http://nttls-edu.jp/school-johosecurity2016/


<アクティブ・ラーニング 関連情報>



◆【ICT CONNECT 21】総務省「若年層に対するプログラミングの普及促進」実証事業の報告書について、要点をまとめました。
http://www.news2u.net/releases/151394

◆超高齢化・人工知能時代の子どもたちに必要な力は
http://benesse.jp/kyouiku/201701/20170110-1.html

◆AIはヒトと同じように哲学することができるのか?(前編)
http://diamond.jp/articles/-/113967

◆ディープラーニングによる自然言語処理とチャットBOTの基礎
http://ascii.jp/elem/000/001/418/1418261/

◆「10年後には現在の技術が役に立たなくなる」…エンジニアの94%が回答
https://roboteer-tokyo.com/archives/7236

◆アクティブラーニングを動画でサポート「アクティブラーニング支援システム MEDIA-LAS」を提供開始
http://www.jiji.com/jc/article?k=000000008.000021107&g=prt

◆小学館、保育士向け「アクティブラーニング研修」2017年春スタート
http://resemom.jp/article/2017/01/11/35849.html

◆反転授業、学習行動ログ可視化、レポート提出管理にも。
http://www.jiji.com/jc/article?k=000000154.000012383&g=prt

◆歴史の転機 人工知能 人類の将来を見据えて
http://mainichi.jp/articles/20170110/ddm/005/070/072000c

◆デジタル時代の最強の武器は「自分で深く考える力」
http://diamond.jp/articles/-/111914

◆2月18日、ICTでアクティブラーニングの研究大会
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/394849

厚労省が「データヘルス改革推進本部」を設置 健康・医療・介護をつなぐICTインフラ、2020年度に稼働
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/011305792/


<アクティブ・ラーニング 協賛企業 情報>



<会員募集>


日本アクティブ・ラーニング学会では会員を募集しています。
https://jals2030.net/

正会員:学校の教職員、アクティブ・ラーニングやその周辺を研究対象とする研究者に入会をお勧めしています。
学生会員:アクティブ・ラーニングを目指す教員志望者、研究対象とする研究者で、高等学校、専門学校、短期大学、大学、大学院の生徒・学生に入会をお勧め
しています。
賛助会員:メーカー、商社、ソフトハウス、出版社、教材会社、テスト実施団体、学習塾、予備校など、アクティブ・ラーニングの支援や実施をしている企業・
団体・個人の方に入会をお勧めしています。

■個人会員:入会金 2,000円 年会費 3,000円
■学生会員:入会金 1,000円 年会費 2,000円
■賛助会員:入会金 10,000円 年会費 30,000円

ご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。


日本アクティブ・ラーニング学会

事務局:東京都千代田区三崎町3−16−13 
    一般社団法人 日本教育基準協会内
問い合わせ:info@jals2030.net
学会HP: https://jals2030.net/


著作権制度の概要
http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/gaiyo/
著作物が自由に使える場合
http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/gaiyo/chosakubutsu_jiyu.html