日本AL学会メルマガVOL143|2020.01.23

投稿者: | 2020年1月23日

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
2020.1.23 日本アクティブ・ラーニング学会 VOL143

日本アクティブ・ラーニング学会 (JALs)
Japan Active Learners Society
https://jals2030.net/

※このメールマガジンは、学会会員並びに研究会・シンポジウム等に
参加され、アドレス登録された方にお送りしております。
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

<学会会員・賛助会員企業様へ>
メルマガ、HPで紹介したい「活動・実践報告」「サービス・商品・事例紹介」
などがございましたら、下記までご連絡ください。
日本アクティブ・ラーニング学会事務局
info@jals2030.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】学会からのお知らせ
──────────────────────────────
3月22日(日)に第4回全国大会が東京都市大学付属中学・高等学校にて開催されます。

<参加申し込み>
大会の参加お申し込みは以下のサイトで受け付けております。
【参加費】4,000円(事前申し込み3,500円)
※2月21日までの早割3,000円
https://jals2020.peatix.com/

<ポスター発表>
また、今回は一般口頭発表はなく、ポスター発表のみとなります。
※一般口頭発表は2020年6月の開催を予定しています。
◆申込資格
日本アクティブ・ラーニング学会の会員。(非会員は会員との共同発表は可)
◆申込方法
下記のフォームからお申込ください。
https://forms.gle/QCj5NGktqw6jZusv5
〇申し込み内容:ポスター発表
〇発表タイトル:
〇発表者(共同研究者含):
〇発表者の所属:
〇連絡先:
〇メールアドレス :
〇発表の主旨(200字程度)
◆ポスターサイズ
A0(841 × 1189mm)
◆発表申込締め切り
2020年3月2日(月)17時
全国大会発表問い合わせアドレス
taikai@jals2030.com
※一般口頭発表は2020年6月の開催を予定しています。

<企業展示>
企業展示にてついては以下でお申し込みを受け付けております。
◆2019年度賛助会員:10,000円(非課税)
◆賛助会員以外:30,000円(非課税)
※賛助会員は今年度の年会費(30,000円/年)をお振り込み済みの企業です。
・展示スペースは、受付・基調講演等と同じフロアです。
・1社、最大1.8m×0.8mくらいのスペースです。
お申込みの先着順で場所を決めさせていただきます。
スペース・机・形状は場所によって異なる場合があります。
場所は当日お知らせいたします。
・電源がございます。
◆申し込み締め切り
2020年3月2日(月)まで
全国大会展示申し込みアドレス
member@jals2030.com

全国大会の概要は以下の通りです。
◆日本アクティブ・ラーニング学会 第4回全国大会
テーマ「実施直前!新学習指導要領とアクティブ・ラーニング」
今大会では、次年度から始まる新学習指導要領に向け、初等教育、中等教育、高等教育の現場で、
どのように対応し改革すべきかを考え、先進的な学校現場の取組や未来に向けた新しい学びを
実現するためのアクティブ・ラーニングの可能性を探究いたします。
【日時】2020年3月22日(日)10:00から17:00
【会場】東京都市大学付属中学・高等学校
小田急線・成城学園前駅下車南口より徒歩10分

交通アクセス


【参加費】4,000円(事前申し込み3,500円)
※2月21日までの早割3,000円
【情報交換会費】4,000円
https://jals2020.peatix.com/
<プログラム>
9:30 受付
10:00 開会式
10:10-11:30 基調講演:緩利 誠(昭和女子大学総合教育センター准教授)
11:40-12:00 総会
12:00-13:00 昼休み(企業展示)
13:00-14:30 ポスターセッション・部会セッション(企業展示)
14:45-17:00 パネルディカッション
「小中高現場でのアクティブ・ラーニングの実践」
コーディネータ:米田謙三(本学会会長)
英語:山本崇雄(新渡戸文化高等学校)
算数:前田健太(国立学園小学校)
国語:二田貴広(奈良女子大学付属中等教育学校)
理科:佐野寛子(都立国際高校)
社会:松本雄吉(東京都市大学付属中学校・高等学校)
情報:米田謙三(関西学院千里国際中等部・高等部)
17:00- 閉会式
18:00-20:00 情報交換会

<学会誌・部会/研究報告>
◆学会誌『アクティブ・ラーニング研究』の編集・発行が遅れており申し訳ございません。
皆様のご協力のおかげで、査読作業がおおよそ完了いたしました。
引き続き編集委員会を経て、執筆者の皆様に改稿・校正を依頼させていただきます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
発行日は2月末日を予定しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】Pick Up <アクティブ・ラーニングに関する最新情報>
──────────────────────────────
・「日本の読解力15位に下落」の意味とは? 国際学習到達度調査「PISA」から考える未来の教育

「日本の読解力15位に下落」の意味とは? 国際学習到達度調査「PISA」から考える未来の教育

・ヨーロッパ学力一位、教育電子化を大胆に進めるエストニアに見る未来の教育

ヨーロッパ学力一位、教育電子化を大胆に進めるエストニアに見る未来の教育

・教育を考える大人も自ら学び答えを導くべき――小﨑誠二氏が今後の教育の在り方と民間連携の必要性を語る
https://edtechzine.jp/article/detail/3109

・4月の小学校新学習指導要領、AIに負けない人材を育てる狙い
https://www.news-postseven.com/archives/20200113_1522849.html

・すべての子どもが「置き去りにされない」社会を
https://benesse.jp/kyouiku/202001/20200117-1.html

・デジタル教科書、2024年度以降に本格導入!?
https://benesse.jp/kyouiku/202001/20200121-1.html

・日本人の“読解力”は落ちたのか 教育現場でのデジタルデバイス活用が明暗を分けた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00010009-fnnprimev-soci

・GIGAスクール構想とは(1) 1人1台学習者用端末の標準仕様をチェックする

GIGAスクール構想とは(1) 1人1台学習者用端末の標準仕様をチェックする

・【SDGs調査レポート】70%の母親が「子どもに将来、ビジネスで活躍してほしい」と回答する一方で、
これからのビジネスで重要となるSDGsの認知度は25%と低い結果に
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000048575.html

・学校教育改革・カリキュラムマネジメントの視点で考える「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)を導入する目的」とは?
千葉県立小見川高校における取組み
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000035172.html

・市町村教育委員会における小学校プログラミング教育に関する取組状況等調査
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00218.html

・平成30年度 大学等における産学連携等実施状況について
https://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/sangaku/1413730_00005.htm

・研究環境基盤部会 学術研究の大型プロジェクトに関する作業部会(第88回) 配付資料
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/021/siryo/1422909_00002.htm

・令和3年度からの大学入試
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/koudai/index.htm

・高1生の英語学習に関する調査〈2015-2019継続調査〉
https://berd.benesse.jp/global/research/detail1.php?id=5467

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】関連情報 <書籍・コンテンツ・サービス・セミナー・研究会>
──────────────────────────────
【書籍・コンテンツ・サービス】
・ロボットやプログラミングをやってみたい中高生を支援します!!
こどもとみらい教育研究会が「ロボットクラブスタートアップ講座」を実施します。
https://www.value-press.com/pressrelease/234260

・一般社団法人英語4技能・探究学習推進協会が、国内の探究学習の動向をまとめた日本初の“探究学習白書”を創刊!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000035571.html

・東京学芸大こども未来研究所が推進する「STEM教育プロジェクト」に、アマゾン ウェブ サービスが地域支援活動の一環として協賛
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000052983.html

【セミナー・シンポジウム・企画】
・eLC・mLC共催「New Year Meeting 2020」(1月31日)開催のご案内
https://www.elc.or.jp/topics/detail/id=2784

・第15回 拡大教科書の在り方に関する公開シンポジウム
「PDF版拡大図書」活用実践報告会 2/1
http://web.econ.keio.ac.jp/staff/nakanoy/info/20200201.html

・高槻中・高 アクティブラーニング公開研究会(教育関係者対象) 2/15

第4回アクティブラーニング公開研究会(教育関係者対象)

・JSET 教育の情報化SIG デジタル教科書に関するワークショップ、2月開催 2/15

JSET 教育の情報化SIG デジタル教科書に関するワークショップ、2月開催


https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc9ngbSFHzcuYtVPaRv-zl83lzkQd8MwnHHf3db7uDVNd0PxQ/viewform

・シンポジウム「2020年以降の高等教育政策を考える~グランドデザイン答申を受けて」 2/16開催
https://www.obirin.ac.jp/info/year_2019/r11i8i0000036i7m.html

・令和元年度「全国家庭教育支援研究協議会」の開催 2/18
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/katei/1422711.htm

・令和元年度 教育改革国際シンポジウム
幼児教育・保育の国際比較-OECD国際幼児教育・保育従事者調査2018の結果から-
https://www.nier.go.jp/youji_kyouiku_kenkyuu_center/symposium/sympo_r01/

・「見方・考え方」を育むためにできること・やるべきことは?
東京学芸大学 高橋純研究室・大村研究室と教育同人社共催による 新学習指導要領実施直前 実践講座を2月22日(土)に開催
https://www.atpress.ne.jp/news/202753

・教員研修「学校とICTフォーラム2020」大阪(2/22)のご案内
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000337.000001552.html

・FLExICT Expo 2019 (外国語教育 x ICT) 2020/2/23
https://flexict-expo-2019.jimdofree.com/

・共に学び、生きる共生社会コンファレンス
https://www.kyoseishakai-conference.com

・「ネット安全安心全国推進フォーラム」の開催について(令和元年度)2/28
https://www.mext.go.jp/a_menu/seisyounen/keitai/netanzen/1331311.htm

・教育の情報化推進フォーラム概要2019 2/28・29
https://www.japet.or.jp/event/forumedu/

・文科省「学校における先端技術・データ活用推進フォーラム」3月2日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000006-resemom-life

・大学教育再生加速プログラム(AP)全体報告会―大学教育の未来― 3/5,6
https://www.ap-forum.jp/

・「主権者教育推進シンポジウム」の開催について 3/15
https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/mext_00082.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】事務局からのお知らせ
──────────────────────────────
<学会入会と会費納入のお願い>
日本アクティブ・ラーニング学会の安定的運営は、唯一の収入源である会員の皆様の会費で運営されています。
会費のご協力をお願いいたします。
年会費未納の方は申込みフォーム(https://wp.me/P8SYbY-NJ)をご参照頂き、お振込後に申込みフォームへの記入をお願いいたします。
〔ご確認事項〕
※お振込名は、所属団体名でなくお名前でお願いいたします。
※お振込を頂いた方で、申込みフォーム未記入の場合は正式な登録ができませんので、記入をお願いします。
※未入会・会費未納の方は申込みフォーム(https://wp.me/P8SYbY-NJ)をご参照頂き、お振込後に申込みフォームへの記入をお願いいたします。

<振込口座>
日本アクティブ・ラーニング学会振込口座
ニホンアクティブラーニングガッカイ
ゆうちょ銀行(金融機関コード:9900)
【店番】018【店名】ゼロイチハチ
【預金種目】普通預金
【口座番号】5817709
※「年会費」のお振込については、確認メールを差し上げておりません。ご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】賛助会員・協賛企業からのお知らせ
──────────────────────────────

お知らせはありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】日本アクティブ・ラーニング学会

事務局:東京都千代田区三崎町3−16−13
一般社団法人 日本教育基準協会内
問い合わせ:info@jals2030.net
学会HP: https://jals2030.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━